アスコットの樹名札

緑の名札屋さん

TEL.045-222-0215

「サ」から始まる植物

サクラ‘アーコレード’

イギリスで育成された品種で、オオヤマザクラとコヒガンザクラとの交配によって生まれました。イギリスでは春の一期咲きとされていますが、わが国では秋の9~11月にも咲く二期咲きとなっています。同じ開花特性を持つ十月桜に比べ、花は淡紅色で色が濃く、八重咲き大輪で花つきがよく、非常に美しいので、桜の花を長く楽しむためには打ってつけで、今後の利用が期待される品種の一つです。 (参考資料:『桜図鑑』公財日本花の会)

サクラ‘御殿場桜’

静岡県の御殿場市永塚や印野で稀に栽培されていることからこの名前がつきました。御殿場農園の渡辺健治氏が発見し、流通するようになりました。マメザクラとほかのサクラ(種類は不明)との間に生まれた交雑種で、花は一重咲きの大輪で蕾は色が濃く、開花すると淡紅色となります。マメザクラの特性を受け継ぎ、小形で花つきが良く、挿し木で容易に増やせるので、庭園や建物周りの外構、ガーデニングなどのほか、盆栽や鉢植えとしても利用します。 (参考資料:『桜図鑑』公財日本花の会)

サクラ‘都錦’

見る機会の少ないサクラの一つで、桜の図鑑などを開いてもほとんど掲載されていることはなく、珍しいサクラの一つといえます。かつて京都御所にあったといわれていますが、由来、来歴のよくわからないサクラで、大阪の造幣局の通り抜けに植栽されています。『このはなさくや図鑑』を見ると、サトザクラ系のようで花弁数は15~25枚程度で、八重咲きの大輪です。花の色は淡紅色ですが蕾は色が濃く、開花後も花弁の先にその色が残ります。 (参考資料:『このはなさくや図鑑~美しい日本の桜~第3集』-P90)

サトザクラ ‘天の川’

サトザクラ(栽培されている重弁のサクラの総称)の品種の一つで、古い品種が多く植えられていたことで有名な荒川堤に植えられていたことでも知られています。枝がまっすぐ上を向いて伸び、花も上を向いて咲き、細いほうきのような樹形に特徴があります。細いほうき状の樹形をファスティギアータとよび、海外では非常に人気があります。花は淡紅色の中輪、八重咲きで、直径3.5㎝ほどです。 (参考資料:新日本の桜 山と渓谷社)

サトザクラ ‘一葉’

サトザクラ(栽培されている重弁のサクラの総称)の品種の一つで、雌しべは下半分ほどが葉のように変化していることから『一葉』の名前がつきました。葉化した部分には鋸歯があります。花は咲き始めは淡紅色ですが後に白色に近くなる八重咲きで、直径は5cmほどです。古い品種が多く植えられていたことで有名な荒川堤に植えられていたことでも知られています。(参考資料:新日本の桜 山と渓谷社)